【一人暮らし20代ОL】手取り18万円の1ヶ月の生活費の内訳を大公開

節約

わたしは手取り18万円のОLで一人暮らしをしています。

 

手取り18万円なのに一人暮らししてたら毎月カツカツじゃないの?と最初は思っていましたし

一人暮らししたいけど収入が低いから不安だな~と思いながらも勢いだけで一人暮らしを始めることにしました。

 

ですが工夫次第で収入が低くても何とかなります!

 

今回は、わたしの1ヶ月にかかる生活費の内訳を大公開します。

 

20代ОLの一人暮らしの内訳

<はるなの一人暮らしの内訳>

家賃:47000円(2DK)

電気代:4000~7000円

水道代:2000円

ガス代:3000~7000円

食費:20000円

スマホ代:8000円

交際費:5000~10000円

車関係:8000円

衣服、美容:5000~10000円

その他:10000円

 

合計:約11万~13万円

 

わたしの一人暮らしにかかる費用は月々約11~13万円です。

地方の田舎に住んでいるので家賃が低いので助かってます。

 

光熱費は夏と冬は若干高くなりますが、春秋はエアコンをほとんど使わないのでそこで節約できたり、食費も外食をほとんどしなければ2万円以内で抑えることができるのでお金を使わなくても済む月がでてきます。

 

交際費や衣服、美容代は我慢している部分もあるので、たまには自分へのご褒美としてお金を使うときがあります。

友人や恋人と遊ぶ予定が多い月は我慢しなかったり、服や化粧品も欲しい物があったら予算オーバーになっても買ったりして、その分次の月などで節約してメリハリをつけるようにしています。

 

貯金は、余った金額を貯金に回すので最低3万円、多い時で5万円は貯金するようにしています。

 

一人暮らしの費用を抑える3つのポイント

一人暮らしの費用を抑える部分は人によってちがうので

わたしのように家賃が低く食費を抑えるタイプの人間もいれば、部屋にこだわりがあるので家賃が高くてもいい部屋に住みたいというタイプの人もいれば様々です。

 

一人暮らしの費用を抑えるポイントをお伝えします。

家賃を抑える

家賃はお部屋を借りる上で毎月支払うものです。

 

どこの地域で一人暮らしをするかにもよりますが、家賃が低いお部屋を借りると固定費を安く抑えられます。

交通には不便だけど家賃が低い、築年数が経っていて少しボロボロだけど家賃が低いなど、家賃が低いところにはデメリットがありますが「家賃」を抑えることが節約の秘訣です。

 

都会だと安くても5~6万円台、田舎だと3~4万円台のお部屋がありますので家賃の低さを重視するなら不便でも田舎に住みましょう。

 

水道光熱費を抑える

水道光熱費を節約するようにしましょう。

水道光熱費は少し面倒な作業もありますが、毎日の積み重ねで抑えることができます。

 

電気代

・エアコンをなるべく使わない

・待機電力カットのためにコンセントはこまめに抜く

・照明はつけっぱなしにしない

 

水道代

・お風呂はシャワーで済ます

・湯船にお湯を溜めた場合はそのお湯を洗濯に使う

・洗濯物はまとめて洗う

・トイレは大と小を使い分ける

 

ガス代

・電子レンジ調理で代用できる場合は電子レンジを使う

・入浴の際は追い炊きを控える

・冷水、温水を使い分ける

 

上記のような工夫で料金を下げることが出来ます。

 

食費を抑える

食費は自炊をすることで節約できます。

1週間分の食材をまとめて購入し、作り置きして冷凍しておけば電子レンジでチンするだけですぐにおかずができますし、お弁当に詰めれますので、なるべく自炊するようにすれば食費を安く抑えられます。

 

また、お菓子やジュース、お酒などを買わないようにするだけでも節約になります。

 

まとめ

今のご時世、正社員で働いていても収入が低い方がたくさんいます。

収入が低いからといって一人暮らしがしたくてもできないと考えている人は多いはず。

 

それでも工夫次第で、手取り15万でも18万でも一人暮らしはできますのであきらめないでくださいね。

 

もちろん節約したり、欲しい物を我慢しなくてはいけないときはありますが

一人暮らしをすると誰にも干渉されない自由や、好きな部屋を作り出せて自分だけの城を手にしたような気分で楽しいので一人暮らしに興味がある方は節約方法などを勉強して、是非チャレンジしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました