車は本当に必要?車を手放すことは節約につながるのか

節約

地方に住むか、都会に住むかで「車」の保有率は変わります。

 

わたしは地方在住で車を持っているので、わたしからすれば車は欠かせない物です。

ですが、車は便利ですが維持費がかり、節約には向かない物なので節約を優先したいなら車は手放したほうがいいでしょう。

 

人によっては車は贅沢品だと思う考えの人もいて、最近では若者の車離れが深刻化しています。

 

今回は、車は本当に必要なものなのか?節約のためには手放したほうがいいのか?を考えていきます。

 

車の年間維持費はどれくらい?

車を購入すると自動車税、保険代、ガソリン代などの様々なお金がかかるようになります。

年間どれくらいかかるのか見ていきましょう。

軽自動車 普通乗用車(1.5リットル)
普通乗用車(2.5リットル)
自動車税 10800円 34500円 45000円
重量税 約12000円 約17000円 約17000円
自賠責保険 約13000円 約13000円 約13000円
自動車任意保険 約80000円 約85000円 約90000円
点検費用 約15000円 約18000円 約20000円
車検代 約30000円 約35000円 約40000円
駐車場代 場所による 場所による 場所による
ガソリン代 走行距離による 走行距離による 走行距離による
合計 年間 約40万 年間 約45万 年間 約50万

軽自動車で年間40万円、普通乗用車(1.5リットル)で年間45万円、普通乗用車(2.5リットル)で年間約50万円ほどの維持費がかかります。

そのほかで車両本体のローンを組んでいる場合は支払いも含まれるのでもう少しかかります。

 

車の維持費を見るともったいないような気がしますし、車を持っていなければその分のお金を他のことに使えたり、貯金に回すことができるので節約重視の場合は「車を持たない」という考え方もありですね。

 

車が必要かどうかは考え方次第

車を持つ人間の考え方によって維持費がもったいないか、そうでないかがわかります。

車保有者の考え方についてみていきましょう。

 

移動手段に欠かせない

地方に住んでいると電車やバスなどの公共交通機関がほとんどなく

通勤通学に不便だったり、買い物に行くにもお店への移動手段がないなどの理由で、地方在住者は車移動する人が多いです。

 

移動手段に困る場合は車を手放せません。

 

車がないのは困るけど乗れれば何でもいい

車がないと困るけど、乗れれば何でもいいという車にこだわりがない人がいます。

こういう人は軽自動車などのコストがかからない車を選ぶので、車を保有していても年間の維持費は工夫しながら生活しています。

 

わたしも軽自動車に乗っていますが、会社からの交通費の支給や、節約しながら維持できてるので車が生活を苦しめているということはありません。

 

車はステータス

車はステータスであり、自分の好きな車に乗りたくて高級車を買ったり、中古車でも燃費が悪いなどで維持費のかかる車に乗り、なんだかんだ維持費がかかりすぎているという人がいます。

 

収入があって余裕があるのならいいのですが「モテたいから」「軽自動車なんか乗りたくない」などの理由で維持費のかかる車を選ぶと後々苦労します。

 

その維持費を抑えるだけで節約につながるので、節約したい場合は見直しが必要です。

 

車を手放すか悩んでいるなら

車を手放せばお金に余裕が出てきますが、理由によって車がないと困る場合があります。

 

自分が生活していく上で

「車がないと生活ができない」場合は車を持ちましょう。

 

「車がなくても徒歩、公共交通機関を使えば生活に困らない」場合は車は持たなくてもいいです。

 

「車が生活を困窮させている」場合は手放す方向で考えたほうがいいでしょう。

 

状況に応じて判断してみてください。

 

まとめ

地方在住だとほとんどの人が車を持っていますので車を手放す考えの人は少ないですが、自分の生活を苦しめている場合は手放すことも視野に入れないといけません。

 

軽自動車やコンパクトカーなどなら手取り20万円以下でも維持できるので、どうしても車が必要という方は検討してみてください。

 

生活に便利な車の悩みを解決して、充実した生活を送りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました